社会保険労務士とは

社会保険労務士は弁護士や税理士と並ぶような格式のある国家資格です。

社会保険に関することや人事、労務管理などを専門におこないます。

年金問題など深刻化してきていますのでその類の相談も増えていることから、
一般的にも社労士は浸透しつつあります。


また、企業の人、もの、金の部分でいえば、
人に関することに携わることが主で、社長のよき相談相手となり、
コンサルタントとしての役割をはたしたり、
ハローワークに出向いての仕事であったり、幅広く活躍しています。


残念ながら、なりたい、目指したいからといって、
誰にでも受験できるわけでなく、制限が設けられています。


学歴、実務、資格の三項目から成り立ち、
どれか一つを満たしていれば受験することが可能です。


学歴は高等専門学校、短大、大学を卒業した人であれば問題ありません。


実務は、社会保険労務士や弁護士の業務に従事した期間が3年以上あるか、
労働保険や社会保険の手続きなど、
人事、労務に関する業務を3年以上おこなったことがあれば大丈夫です。


3項目めについては、行政書士をはじめ指定された
国家資格を取得していることになります。
この3項目が該当しない場合は、実務経験をつむのもいいですが、
社会保険労務士は行政書士とセットで取得し活躍されることがほとんどですので、
まずは行政書士の合格を目指すことが後々のことを考えてもいいです。


取得するにあたり、勉強方法は通信や通学で学校に通う方法と
独学があります。

独学で勉強しても合格する方もいますが、
難易度は高く、試験も項目ごとに全ての項目を基準点以上
こえないと合格できないようになっているため、
効率よく勉強できるよう、人から学ぶという選択肢は視野にいれたほうが、
合格への近道になります。


【PR】社会保険労務士の試験情報

【PR】必勝社会保険労務士試験!DVD講義を120%活用して合格に近づく方法