社労士の仕事内容について

社会保険労務士とは、読んで字のごとく社会保険と労務の専門家になります。
社会保険とは、政府もしくは政府に準ずる組織が運営している公的な保険のことです。
また労務とは、賃金、人事等の労務管理のことをです。

そういった社会保険や労務管理に関しての手続きや
コンサルティング等をおこなっています。
一般企業でいうところの人事部や総務部の業務の専門家といえます。


例えば顧問契約を締結した顧問先の社員の採用、
異動や退職に関して必要な社会保険等の手続きをおこなったり、
必要な帳簿を作成することなどがあります。

これは申請・届出等に関する業務、帳簿作成業務と言われています。

また労働者と会社間での労働に関する紛争の際にどちらかの代理をする、紛争解決手続代理業務というものもあります。
また賃金制度を見直したり、就業規則を作成や変更する等の、労働に関する各種の相談ごとに関するコンサルティングをおこなう業務もあります。


この資格をとって独立して開業して活動している人、
企業に勤務している人、また複数の人達が共同で法人を作って
活動している人等、働き方にはバリエーションがあります。


この資格を取得するには、年1回おこなわれる試験に合格して
かつ労働社会保険諸法令に関する事務経験が
2年以上ある者という縛りがあります。

しかしこの実務経験がなくても試験の合格した後に、
指定された講習を受講して修了すると実務経験2年と同等と扱われるので便利です。