価値ある資格

社会保険労務士の具体的な仕事内容をご存知でしょうか。

簡単に言うと、行政機関に提出するための書類を法律に基づいて作成する仕事であり、内容としては労務や社会保険や年金などの関係の書類になります。

また書類作成以外にも、書類の提出を代行する仕事や、年金相談、企業経営においての労務に関してのコンサルティング業務も行います。


そのため、企業経営には欠かせない、社会的ニーズの高い仕事だといえます。職場や暮らしに関する内容が多いので、生活に密着したことに関しての仕事と言えます。

独立開業して仕事を行うこともできるので、この資格があれば収入に上限はありません。
人事や社会保険、労務のプロとしてこの仕事を行うためには、資格が必要になります。

かといって容易に合格できるものではなく、合格率は例年10パーセント以下の難関です。試験内容としては、労働や雇用に関する法律、社会保険についての一般常識、年金や保険に関しての法律などと幅広いので、合格するには膨大な時間を学習に費やす必要があります。


独学での合格は難しく、通信講座を利用したり、または学校に通ったりといった手段で学習を進める人も多くいます。また受験するにあたって、大学、短大、高等専門学校、指定の専修学校などを卒業したという学歴が必要になります。


さらに社会保険労務士として仕事をするためには、試験に合格した後に、指定の講習を受けるか、または実務経験を2年以上積まなければなりません。

難易度が高いですが、試験に合格すれば手に職をつけることができます。また、社会貢献に繋がる仕事ができるので、一生涯職に困ることはないでしょう。
時間をかけて勉強をし合格すれば、その分価値がある資格を手にすることができ、社会保険労務士として活躍することができます。